初任給はいつもらえるの?初めての給料について徹底解説

初任給はいつもらえるの?初めての給料について徹底解説

雇用された職場で初めて頂く初任給、緊張しつつ、慣れない環境の中頑張って働いた日々の結晶、いつどの位貰えるのか皆さん楽しみにしておられるでしょう!支給日も金額も人や採用形式によって様々な初任給について、いつ貰えるのか支給額の算出方法など詳しくお伝えして参ります。

記事の目次

  1. 1.初任給 いつ――社会人になって初めて貰える「初任給」とは、具体的にどんなもの?
  2. 2.初任給いつ――新卒採用者の初任給っていつになるの?
  3. 3.初任給いつ――中途採用者やアルバイトの人材の初任給っていつになるの?
  4. 4.公務員の初任給は民間企業より早い
  5. 5.初任給 いつ――まとめ

初任給 いつ――社会人になって初めて貰える「初任給」とは、具体的にどんなもの?

クリックするとAmazon商品ページへ飛びます

初任給とは、学校を卒業して正規雇用されるようになった人間が、最初に受け取る給料の事を指します。わが国における初任給の金額は、個人の学歴/職種による違いはあるものの、個人の能力による差は少ないです。

この能力差による違いが少ない為、職種毎の給料水準や、時代毎の物価水準を比較する為の指標としてもしばしば用いられます指標として通常、最初の1ヵ月の労働の対価として支払われる月給の額を用います。

初任給の注意点

クリックするとAmazon商品ページへ飛びます

基本給と各種手当を合わせた最初の給料が初任給です。各種手当には大きく分けて法律上支給しなければならない手当と、会社が任意で決める手当の2つに分けられます。次項で具体的にお伝えいたします。

初任給からは、所得税と雇用保険の2つだけが差し引かれています。健康保険と厚生年金は、前月分を翌月分から引く仕組みとなっている為、最初の初任給からは引かれず、翌月位からの天引きになります。

住民税は1年目は引かれず、差し引かれる所得税と雇用保険を合わせると2~4万円が一般的な額です。額面上の金額である初任給から所得税と雇用保険を引いた金額が、実質手にする事の出来る手取り金額です。

各種手当について

クリックするとAmazon商品ページへ飛びます

前項で各種手当は、法律上支給しなければならない手当と、会社が任意に決める手当の2つあるとお伝えしましたが具体的に申し上げますと以下の内容になります。

<法律上支給が義務付けられている手当>
残業手当 深夜残業手当 休日出勤手当

<会社が任意で決める手当>
通勤手当 出張手当 住宅手当 役職/職務/職能手当 扶養/家族手当 皆勤/精勤手当 資格/研修手当

初任給につく手当は、大方が通勤手当、住宅手当の2つだと考えて良いでしょう。

初任給が一律でない企業も

クリックするとAmazon商品ページへ飛びます

同年度に入社した新卒者は、一律金額の初任給になる事が多いですが、ここ数年において初任給に差をつける動きが出ています。中でも競争の激しいIT業界は、その傾向が強く見られます

企業の「優秀な人材を確保したい」という方針と、納得の行く報酬を得たいという新卒者の願いを合致させた傾向なのでしょう。初任給が高めな理由として、責任の高い大変な内容の仕事、ハードで特殊なスキルや技術を必要とするなど挙げられます。

初任給いつ――新卒採用者の初任給っていつになるの?

ここで本題の初任給がいつ貰えるかですが、これは時期も金額も人それぞれになります。その様々な支給のパターンについてお伝えしてまいります。

初任給 いつ――新卒採用者が、入社月中に貰えるケース

クリックするとAmazon商品ページへ飛びます

新卒採用者が、入社した月中に貰えるケースは、以下の2つのケースに分けられます。

月末締め当月〇日払い

「月末締め当月25日払い」の様なケースでは、初任給は「当月の25日に満額」支給されます。新卒でしたら、4月1日~4月30日の給料が4月25日に支給、1ヵ月分丸々の給料を受け取る事になります。25日から月末までの額は前払いになります。

入社して早々残業するケースは殆ど無いと考えられますが、もし残業したとなったら、その分は翌月に持ち越しとなりますので注意が必要です。

当月の25日~当月末に残業する可能性もあり、この様な変動給は締め日である月末にならないと分からない為、翌月の給料と合わせて支給される事になります

△日締め当月〇日払い

例えば「15日締め当月25日払い」の様なケースでは、初任給は「当月25日に実質勤務した日数分」支給されます。前月16日~当月15日分の給料が当月25日に支払われる事になります。

新卒の場合実際に働き始めたのは4月1日から、中途採用なら働き始めたその月の〇日から、〇日が15日以前ならその月の15日まで、〇日が16日以降なら翌月の15日までで、支給金額は日割り計算となります

締め日が5日や10日の場合なら、新卒者は更に支給額が少なくなりますが、同じ様に新卒も中途採用も日割りで計算します。

初任給 いつ――新卒採用者が、入社月の翌月以降に貰えるケース

クリックするとAmazon商品ページへ飛びます

新卒採用者が、入社した月の翌月以降に貰えるケースは、以下の2つのケースに分けられます。

△日締め翌月〇日払い

月末締め翌月10日払いの場合なら、4月1日に入社した新卒だったら、初任給は「5月10日に満額」支給されます。中途採用の場合なら、入社した日からその月の末まで勤務した日数分が翌月の10日に支払われる事になります。

初任給は残業代込みの満額ですが、働き始めてから1ヵ月以上待つ必要があります。また翌月20日や25日払いのケースなら、2ヵ月近く待つ事になります。

△日締め翌々月〇日払い

例えば「月末締め翌々月1日払い」の様なケースでは、初任給は入社した月の翌々月1日に支払われる事になります。新卒者の場合、4月1日~4月30日の給料が1ヵ月またいで支給される為、2ヵ月間は収入が無い事になります。

初任給いつ――中途採用者やアルバイトの人材の初任給っていつになるの?

中途採用者やアルバイトの人が、貰える初任給のタイミングや報酬額は、採用された日付;初出勤の日によって異なります。新卒者と同様、入社月中に貰えるケースと、翌月以降になるケースについてお伝えいたします。

初任給いつ――中途採用者やアルバイトの人材が、入社月中に貰えるケース

クリックすると楽天商品ページへ飛びます

中途採用者やアルバイトの人材の初任給が、採用された月中になるケースは、以下の2つがあります。

月末締め当月〇日払い

上の図は、その月の1日付けで入社した場合を示していますが、この図の様に月末締めの当月25日払いの場合だと、1日から締め日までの月末までの満額が支給されます。新卒者の所でもお伝えした様に、25日から月末までの額は前払いとなります。

25日より前に入社した場合でしたら、その日から月末までの金額が25日から月末までの分は前払いという形で、支給される訳です。又新卒者と同様、残業代は変動給である為、翌月分と合わせての支給となります。

△日締め当月〇日払いの企業に、締め日より前に入社

上の図の様に、例えば15日締めの25日払いの会社に5日で入社した様な場合、5日から15日までの実質勤務した日数分が支給されます。もし残業をすれば、その分も合わせて支払われます。

初任給いつ――中途採用者やアルバイトの人材が、翌月以降に貰えるケース

クリックするとAmazon商品ページへ飛びます

中途採用者やアルバイトの人材の初任給が、入社した月の翌月以降になるケースは以下の2つがあります。

△日締め当月〇日払いの会社に、締め日より後に入社した場合

上の図の様に、例えば15日締め当月25日払いの会社に、20日付けで入社した様な場合、その月の20日から翌月15日までの実質勤務日数分が、翌月の25日に支給されます。

支払日が翌月以降の場合

新卒者の箇所でもお伝えしました様に、支払日が翌月以降の会社に入社した場合、入社日の日付は無関係で、初任給は翌月以降となります。

ちなみにアルバイトは時給制の形が取られている事が殆どの為、初任給が支給されるタイミングは、中途採用者の各ケースに該当するものの、支給額は正確に労働した時間分となります。

公務員の初任給は民間企業より早い

Photo by Richard, enjoy my life!

以下に国家公務員、地方公務員に分けて初任給の支給日についてお伝えいたします。

初任給 いつ――国家公務員の場合

中央省庁に勤める国家公務員の場合、新卒の初任給は4月16日前後に満額支給で、省庁によって差はあるものの支払日は16日,17日,18日が多いようです。民間の月末締め当月〇日払いの様に、1ヵ月分の満額給料が実質前払いとなります。

初任給 いつ――地方公務員の場合

県庁や市役所に勤める地方公務員は「毎月21日払い」のケースが多く、新卒の場合なら初任給は4月21日前後に満額支給されます。

支払日は自治体によって違いが見られ、東京23区の区役所に勤める職員は「毎月15日払い」で、新卒者なら4月15日に満額支給されます。

公務員の残業代は翌月に合算

Photo bystevepb

公務員の初任給は自治体によって、当月1日~当月末分の給料がその月の16日や21日に支払われる「前払い方式」が多く取られています。この場合は残業代の様な変動給は、初任給には含まれず翌月の給料と合わせて支給されます。

初任給 いつ――まとめ

Photo byStartupStockPhotos

いかがでしたでしょうか。給料の締め日や支払日は企業によって実に様々です。会社が定める就業規則の内、給料;賃金規定を確認し、初めてのお給料――初任給がいつ、どのくらい支給されるのか把握しておきましょう。

当たり前の様ですが、締め日は「計算期間」欄で確認し、支払い;給料日は「給料の支払;支給日」を確認して不明な点はクリアにしておきましょう。

給料の計算期間と支払日について、一緒にまとめられている場合もありますので、ご自身が勤める企業の就業規則を熟読し、給料に限らず分からない事は、担当者や先輩/上司にお伺いしきちんと把握しておかれる事をおすすめします!

園田直子
ライター

園田直子

美容・アンチエイジング・健康増進・サイエンス・占い・人間学に興味があり、探求や実践を惜しまず続けて行きたいと思っています。 他動物、特に身近な犬猫、鳥が大好きで、生きとし生けるもの全てが幸せに生きられる環境作りに、少しでも尽力したいです。新規メディア の方、又戸惑う事も多いかも知れませんが、良質の記事をご提供出来る様努力いたしますので、どうかよろしくお願いします。

Article Ranking